農作業はUV対策必須

ここ数年のお肌の悩みといえば日焼けによるシミです。http://www.bikecontrol-cycling.com/
農業のアルバイトをしていて冬はハウス、春~秋は畑での作業になりますが、とにかく日陰がないのです。

特に気を付けなければならないのはマルチの照り返し。マルチとは作物のまわりにかける薄いビニールシートのことです。

地面に張られたマルチからの照り返しに帽子だけでは用が足りません。サングラスまでしてやっと日焼けによるヒリヒリからは解放されます。

外作業用のフェイスマスクも売ってはいますが、夏場の暑い盛りにそんなものを被ってはいられません。

汗とホコリでドロドロになるので肌にいろいろ塗りたくはないのですが、やはり頼るべきは日焼け止め。

日焼け止め選びは本当に悩みの種です。何を塗っても汗をぬぐってしまえばあっという間に効果がなくなってしまいます。

ケチなのでお高い優秀な日焼け止めを何度も塗り直すことはできません。

それにホコリまみれの肌に日焼け止めを塗り直すのはちょっと嫌です。

ペットボトルで持参した水で軽く洗い、リーズナブルで惜しげなく使える日焼け止めを塗り直し、農作業用帽子とサングラス、首周りにはタオルを巻いて今年は凌ぎました。

結果は、日焼けはそれほどでもありませんでしたが、シミは増えていました。

UV対策されたファンデーションを使っている人もいますが、結果はあまり変わらない印象です。

シミを作らない対策、来年に向けてまた考え直しです。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。