ほうれい線対策で口腔内ストレッチ

私の年齢はいま、30代後半になりますが、ほうれい線が気になり出したのは20代後半の頃からでした。いつの間にか友達と笑顔で会話した後や接客でニコニコお客様と会話した後に、ほうれい線がくっきりと頬に刻まれて、消えないようになってきました。とても危機感を感じて、こんな風に老化現象が始まっていくのか、とショックを受けました。そこで、ほうれい線の原因を調べて自宅で出来るほうれい線対策を始めることにしたのです。

MELLIFE(メリフ)の評判

方法は至って簡単で自宅で1日1分で終わります。私は通っている美容サロンで紹介してもらったほうれい線対策の口腔内ストレッチの器具を使いますが、指やスプーンなどでも代用可能です。毎日夜の歯磨き後や、入浴中に口の中に器具を入れて頬の内側や唇の内側の皮膚を伸ばすようにストレッチをします。簡単な方法では、口の中に水をいっぱい含んで頬を膨らませて、一気にぷぅーっと水を吐き出すことでもストレッチ効果が得られます。

後は、暇な時に自分の舌を使って頬の内側から、あめ玉をなめている振りをするような要領で皮膚を伸ばすのもおすすめです。固まった頬の筋肉を動かして柔らかくすることが目的なので、一日に行う頻度が高ければ高いほど効果的です。外から見える筋肉の弾力ばかりを気にしていてもほうれい線は改善されません。口腔内を良くケアすることでおおよそ1週間ほどで効果が見られますのでお試し下さい。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。