メイクの崩れを避けて、小麦肌に走ったあの夏

若かりし頃の夏、毎週末に友達と海へ遊びに行くことが恒例行事でした。

当時はOLとして勤務し、一日中パソコンとにらめっこをしているような生活だったので、太陽光が新鮮で、朝から昼過ぎまでずーっと海辺にいることも。
ただでさえメイクが崩れやすい海なので、日焼け止めを塗るとファンデーションが浮いてしまったり、アイシャドウのラメが顔中についてしまったりとトラブルも多くある中、日焼け止めを塗ることに抵抗がありました。

ヴィオテラスCセラム

いっそのこと、もう焼いてしまえ!と小麦肌を目指し、あえてサンオイルを塗ることを選びました。
そして数年後の今になり、「新しいホクロが出来たのかな?」と思うようなシミが、大小ちらほらと目立ち始めてしまいました。

まぶたに大きなシミが出来てしまい、コンシーラーでカバーしても、「まぶたに何かついてるよ」と言われることもしばしばあり、今ではコンプレックスの一つです。
小さな抵抗として、普段のスキンケアに美白効果があるものをプラスしていますが、このままどんどんシミが増えてしまうと思うと、当時の私を叱りつけてやりたいです…!

今では日焼け止め効果も備えている化粧下地も多く販売されているので、メイクの崩れも気にならずに日焼け対策が出来ています。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。