乾燥肌だとメイクが崩れやすい

メイク崩れは気になりますよね。崩れたメイクを上手に直すのは難しく、いっそのこと洗顔からやり直したい気分になります。そこで、できる限り崩れにくいメイクのコツをご紹介します。

ヴィオテラスCセラムの口コミ

崩れにくいメイクには、メイク前の化粧水が肝心です。たっぷりと肌に乗せ、手の平で顔を覆うようにしてしっかり浸透させます。この上にクリームや乳液で蓋をすれば、メイクの土台が崩れにくくなります。化粧水の後は、少し時間をおいてからメイクに入ります。

日焼け止めや下地を薄く塗ったらよくなじませ、ファンデーションを乗せます。厚塗りは厳禁で、特に皮脂が多いTゾーンや表情をつくるためによく動く口元や目元には、薄塗りが絶対です。その上からルースパウダーを重ねれば、崩れにくさが向上します。

チークは、クリームタイプをスポンジで叩くようになじませます。持続もよく、きれいに自然に発色してくれます。
アイメイクはアイカラーより先に、アイライナーを引きます。アイカラーがルースパウダーの役目をしてくれるので、崩れにくくなります。

メイク崩れは、余分な皮脂や汗がメイクと混ざって起こるものです。そのため、大前提として乾燥知らずの健康な肌をつくることが肝心であり、それに加えて崩れにくいメイクをマスターしましょう。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。